HTMLとは何なのか

テキストをマークアップするための言語

ホームページを作るためにはHTMLを利用してコンテンツを書く必要があります。HTMLとは「ハイパーテキストマークアップランゲージ」の頭文字を取ったもので、簡単にいうとテキストをマークアップするための言語ということになるでしょうか。
たとえば、「リンクはこちら」という文章を書いてサーバーにアップロードした場合、これをブラウザで表示すると単に言葉が表示されるだけですが、特定のタグで言葉を挟み込むとリンクになります。タグは普通にブラウザで文字列を閲覧した場合には表示されることはなく、ソースを閲覧することで確認が可能です。適当なホームページにアクセスし、実際にソースを閲覧すると、様々な文章がいろいろなタグによってマークアップされているのを見ることができるでしょう。

ブログの編集画面では簡単にHTMLを埋め込める

ブログでホームページを作っている場合、HTMLで文章をマークアップしたことなどないということもあるでしょう。しかし、目に見える部分ではHTMLを使っていないものの、見えない部分ではしっかり使われているのです。
ブログの編集画面には様々なアイコンが並んでいます。文章を選択してアイコンをクリックすると文字が太くなったり、大きくなったりしますが、これはHTMLを使ってマークアップを行ったために変化したのです。たとえば、文字が太くなるアイコンをクリックすると、boldを意味するbというタグか、もしくは強調を意味するstrongというタグが埋め込まれるようになっています。初心者でも簡単にHTMLを使えるようにアイコンをクリックするだけでマークアップできるというシステムを採用しているのです。

業者選びの際、ホームページ作成の実績をチェックするのが一般的です。その際には販売系サイトに強いか、スマホサイトに強いか、企業紹介をするサイトに強いかなどの傾向を押さえるとミスマッチが防げます。